カテゴリー別アーカイブ: おでかけ 

広島・尾道の旅

木工房すえひろのオーナー(母です)が、

先週、友人と広島に旅に行っておりました。
旅の案内役は、
いつも木工房すえひろの
家具職人の一人、
工房うえだの上田さんの
息子さんのユウヤさん。
おしゃれな街尾道のおすすめスポットなどを
(とっても気さくで優しくおしゃれなユウヤさんが)
熟女2人をエスコートしてくれましたよ。
ACD4ABC8-8A6B-44BC-A709-F13F03B6BB46
尾道の倉庫をリノベーションしたおしゃれな空間『U2 』へ。
5C07BCF7-3F67-42B1-8FDF-B38BDEB85E38
パンとコーヒーを買って
海の見えるデッキでモーニング。
その後は
帆布の立花テキスタイルさんへ。
106BF812-3E3B-4F98-A09B-B43A67E1CCD1
綿花から育て、糸を紡ぐ。
16FC1F92-D573-49B5-9E65-B7CAE0344FF0
藍染の材料。
2BE736DF-C61D-42FC-8E31-A852D1150D0B
わたの茎を乾燥させているところ。

B0A8CDDE-972B-487D-8C6B-3072AF96A93C
ハンプの生地を織っているところ。
72EB75BD-43D0-494B-891E-BDD79D16B675
藍染め、柿渋、鉄粉などで丹念に染め上げる。
8BB40140-2DAC-4453-88BE-D47897F946BA
紐の部分は丁寧に
手織りで織られているんです。
978BAE15-D722-4FD6-803B-635ECC49FD6A
出来上がった帆布のバッグたち。
化学染料で染めた帆布が多い中、
素材・オーガニックにこだわりぬき織り上げた布から産まれたバッグなどを手に取ってみる。
その自然な色合いと手に馴染む風合い、使い込むうちに味が増してくるんだろうな。
使ってみたくなりました。
この旅の目的の一つ
『USHIO CHOCOLATL(ウシオチョコラトル)』さんを訪ねて
尾道から船に乗って(と言っても乗船時間ほんの2〜3分)
向島へも訪れました。
B9E5A5F9-AEED-4BB4-9CE5-909AB1D97F00 F0BFFCF1-EEB8-4762-B731-B9F4E3A417E3
5A2977E8-E02D-4AAA-AA9F-66567E82D095
BD854036-1131-4B0C-AEA2-DF1922BA7AFD
瀬戸内海を見下ろす高台にあって
とても空気の良い素敵な場所。
砂糖とカカオ豆のみで作られたチョコレートを作っている。
カカオ豆の産地によってこんなにも味が違うのかと、驚き。
1008DF2E-878F-4FA2-ABFA-2F705687C0B9 BF56FBCC-5FE9-4B53-B46E-2AB6C1FEDC6A
スッキリした味、酸味のあるもの、果物の風合いを感じるものなど味わい深い。
この度、
『木工房すえひろ』でも扱えるようになりました。
パッケージも可愛い。
早速
尾道より
チョコレートが届きましたので、明日より店頭に並びます。
暮らしのマルシェでも
店頭にてお買い求めいただけますよ。

USHIO CHOCOLATLのチョコレートは、

カカオ豆と砂糖のみで作ったダークチョコレートです(油、ミルク、乳化剤は足しておりません)

種類は、

カカオ豆の産地が違うだけなのですが、味わいが全然違います。

 

○トリニダード・トバゴ(74%)

ハーブのような風味と苺のような香り。食べやすさと独特さがあり一番ビター

 

○ガーナ(73%)

ココナッツミルクのようなマイルドな風味とナッツの様な香り。

オーソドックスなタイプ

 

○ハイチ(73%)

ほのかに酸味が効いたピーチティーのような柔らかい風味

 

○グアテマラ(68%)

レモンのような柑橘系のフルーティーなチョコ

 

○ベトナム(65%)

カカオ豆の品質が高く、

酸味とフルーティな香りが特徴。

ブルーベリーヨーグルトのような味わい。ローストビーフとの相性抜群。


少しずついろんな種類を
香りや味わいを楽しみながら
いただきたい、
大人のチョコレートです。
コーヒーにももちろん、
ワインにも合うだろうな。
***
尾道の新しい風を感じるおしゃれなショップと
昭和な感じが交錯するとても魅力的な街にワクワク。
県外から、若い世代のクリエイターさんが移住し、
ショップを出したり、
新しい面白いことを始めたり、活動したりと
新しい風が吹いて、魅力的な街でした。
***
AA3B0185-F9AE-4F76-81FF-DD1D2795CC26 95E49966-D8E1-4425-AEAA-06BC6FDAC56B
尾道を堪能した後は
今回の旅のもう一つの目的
『原爆ドーム』を訪れる事でした。
原爆ドームを目の前にしてその空虚さに圧倒されました。
胸が詰まります。
平日だというのに外国人や遠足の子供たちなど沢山の人達が訪れていました。
大学4年生の時からずっとガイドをしている24歳の青年に会いました。戦争を集結させるためにアメリカが投下した原爆。大勢の人が黒い雨の犠牲になった。
原爆の事を忘れてはいけない。二度と過ちは
侵してはならないと。
私達も原爆の悲惨さを知り、伝え、
戦争、原爆の無い平和な世界を願わなくてはいけないと痛感しました。

■高山の自然


先日、
家具の打ち合わせや
板を仕入れに
高山に行っていました。
ゾウみたいな雲!
山の緑に
空の青さ。
暑いけれど
爽やか。


ものすごくキレイな板。
こちらを
2枚合わせてにして
磨いて、
オイル仕上げをして、、
これからダイニングテーブルになります。
楽しみにしていて下さいね。
 
オーダーいただいている
家具たちも、
順調に
出来上がっていますよ。

こちらは製作中の
山桜材のベッド。

完成した
山桜の丸テーブル。

栗の一枚板のカウンター。
などなど。
***
工房での打ち合わせも終わり、
夜ご飯は
ヒラノグラーノさんに弟家族と。


ピザおいしい!
そして
甥っ子の安定の可愛さ!
パッツン前髪に
刈り上げが本当によく似合う。
奥に、隠れ部屋のような
キッズスペースもあって、
こどもたちも喜んでいました。
そういえばこの日は
私たち夫婦の結婚記念日だったのでした。

いつもありがとう。
とってもにぎやかで、
毎日パワフル。
こうして家族みんなで過ごせて
幸せだね。
 
デザートも美味しかったな◎
夜は弟の家に。

3人集まると、
にぎやか、騒がしい、
そのうちケンカ。。
だけどとっても
仲良し。
 
****
次の日は
以前から
気になっていたこちらにも
行ってきました。

リスの森。


甥っ子も一緒に。
最初は、びくびくしていたこどもたちも、
だんだん慣れて
エサを手から上手にあげれるように。



これ、コタみたいなリスだ!と
長男が言っていたけど、
本当だ。
ちょっとぷっくりしたリスで、
お口いっぱい食べ物詰め込んでるね、、、。
似てるかも。


リスさんも、
だんだん慣れて来て、
活発になってきたと思ったら、
(朝一番で行った時は、
あんまり出て来なかったけど、
10時過ぎたら急にたくさん寄ってきた気が。)

次男そうちゃんの頭に!!
そうちゃん
パニック。

ううう。
なかなか頭から降りてくれないリスさん。

リス、こわい。。って
半べそ。
それもまた、
いい、思い出になったね(笑)

私にもリスが登ってきて、

近くにいた甥っ子が一番びびって、
パニック。
甥っ子も、
リス、こわい。
もうお家帰りたい!
と言ってました(苦笑)
 


それから
スカイパーク
展望台にも行き、
芝生で走り回る。
パン屋さんにも立ち寄り
お土産用にパンを買い、
お腹が空いたので
お昼は
こちら。
カルマールさんに。




お惣菜やサラダもとっても美味しかったです。
そしてとってもお値打ち。
お昼からは仕事を早く切り上げた
弟も合流して、
暑かったので、
鍾乳洞に。
すごく涼しい!
というより、
寒いくらい。
飛騨大鍾乳洞
こちらも
初めて行きました。



桃のソフトクリームを食べて、
近くの
弟オススメスポット
銚子の滝にも。




 
マイナスイオン
たくさん浴びました。
 

最後は
グリーンホテルに
お土産用買いに
&
足湯を。
 
今回は、仕事意外は
何にも計画立てずの
ノープランで高山に行きましたが、
自然を
満喫できた1日でした。

続きを読む

◼︎すえひろ繋がりで

先週は
家具の仕入れや
一枚板の仕入れ、
工房での打ち合わせのため
高山に行ってきました。
 

 
 

 
 
家具や、板はもちろん、
 
 
 
素敵な人や場所との出会いも
たくさんありましたよ
 
 
高山の
 
特選館あじか
 
産直市場やお土産などが並びます。
 
その中にある
 
宮城県女川町出身の
末永さんご家族が経営するレストラン「復興レストラン・女川 すえひろ」さん
があります。
実は
同じすえひろという屋号繋がりで
木工房すえひろを知ってくださり
数日前に
一宮の当店を、訪ねて下さったのです。
 
 
ちょうど高山に
行く予定をしていたので
早速おじゃましてきました
 
 

 
オーナーシェフの末永さんは、
宮城県女川町出身。
東日本大震災の際に、あと数秒逃げるのが遅かったら、津波に飲み込まれていた、とお話しされていました。
 
奇跡的に津波から難を逃れたものの
ご自宅やお店は津波に流され、、
 
現在のお店を始めた経緯も話してくださいました。
 
 
 
震災から3年半
人々の記憶が薄れる中
 
こうして、実体験を語ってくださり
震災や、災害の備えについてや
支援などについても
考えさせられました。
 
店内には、
震災の記事や資料がたくさん置かれています。
 
東北のお味噌やお麩などの
特産品の販売コーナーも。
 
 
知らなかったことが、たくさん。
ご縁が、あって
こうして実体験を聞けて
オーナーさんご家族に、お会いできて良かったです。
 

味噌ラーメンは仙台のお味噌を使っていて美味しかったです◎
 
唐揚げも、味噌味~
こたちゃんもおいしーともりもり食べていました。
 
 

翡翠麺のラーメンも
さっぱり美味しかったですよ~
 
 
 
 
飛騨高山の食材と、
宮城の、食材のコラボの
お料理は
どれも美味しくて
ホッとする
優しい味がしました
 
 
 
 
オーナーご夫妻と、ご家族の
優しいお人柄が伝わります。
 
 
高山に行く時はまた寄ろう。
 
 
東北のお味噌やお麩などの
特産品の販売コーナーもありましたよ。
 
 
 
 

外に
おっきなパネルがあったので
兄弟で記念撮影も~◎
 
 
みなさんも、高山に行かれた際はぜひ
立ち寄ってみてくださいね。

続きを読む

1 2 3 4 5 6 10

HOME │ お知らせ │ すえひろについて │ 木の家具 │ 雑貨 │ 喫茶konon │ プライバシーポリシー

Pagetop