カテゴリー別アーカイブ: テーブル展

■大きな大きなくるみの木

 

写真 2022-07-15 15 21 43 写真 2022-07-15 15 22 44

2021年の春に出会った
鬼胡桃(おにぐるみ)の一枚板

 

この一枚板、どれだけの長さでしょうか。

答えは

全長は4300mm!

自然乾燥途中の状態で、
この時点で自然乾燥が2年以上された状態。
ここからじっくりと風土に馴染ませながら
さらに乾燥を進めていきます。

同じくるみの仲間のウォールナットは、
テーブルサイズの一枚板にまで
大きく育つ木もありますが、

まさか国産の鬼胡桃で
ここまで大きく育った一枚板が存在するのか…

 

この一枚板を前に、
とにかくこれは最初で最後の出会いかもしれないと感じ、
それ以来、首を長くして乾燥が整う時を待ち続けました。
そして再び
今年の春、乾燥が整い出会った鬼胡桃は…

写真 2022-07-15 11 13 52

あら真っ黒!!

え??これ大丈夫?
と思ってしまいますがこの真っ黒が
大切なんです。

自然乾燥を経て
木の中に含まれるアクが
ちゃんと表面に出てきてくれたので
こうなっています。

写真 2022-07-15 11 14 10

その証拠に
ちょっと削ると美しい木目が確認されました。

製材に長くかかわる方からも
こんなに幅広で
キレイな鬼胡桃の一枚板は
おそらく出てこないから
本当に名残惜しいとお言葉を頂きました。

 

写真 2022-07-15 11 13 55

 

 

写真 2022-07-15 11 14 13 写真 2022-07-15 11 14 17

さて
このながーい一枚い板を
どう仕上げしていくのか。

この後、人工乾燥炉にも入れ、
水分を調節していきます。

ここからが家具職人の腕の見せ処です。

家具として使いやすく
大きな大きなくるみの木の一枚板を
生かして2枚のテーブルに仕立てていくことにしました。

家具として使える長さは
長さ3900mmでした。
そこで
2200mm と 1700mmの
一枚板ダイニングテーブルにすることに。

削って
研いて、
反り止めを施し
脚を組んでいきます。

仕上げは
植物性のオイル仕上げ。

木の本来の風合いを楽しめます。

そして完成したのが

写真 2022-07-15 11 35 45

どど~ん
2つのテーブルを合わせると
木目が見事につながります。

写真手前が根っこだった部分、奥が枝分かれしていく部分です。

樹齢は200年以上でしょうか。
もう、尊いです。

 

写真 2022-07-15 11 36 20

脚の素材もデザインも、仕上げももちろんこだわっています。
2200mm の方は、朱里桜を使用。
1700mmの方は、くるみを使用。
どちらも幅広の一枚板を使いしっかりとした脚を製作しています。

 

 

反対側からも撮影
写真 2022-06-30 12 20 41

 

大自然の中で大きく育った軌跡が感じられ

まるで
お店に森の化身が宿ったかのよう。

写真 2022-06-30 10 33 05

見事な木目に
見事な杢。

大きく枝分かれしたであろう部分からは
特にこの杢が強く表れていて
キラキラ美しく輝いています。

この森の化身のくるみの木の一枚板テーブル

長い年月をかけて育った森の中より選ばれた
大変希少な銘木を
手間と時間をかけ
家具にいたしました。

木肌の温もりを
感じてみてくださいね。

現在木工房すえひろでは
木のテーブル展を開催しております。
(テーブル展の特典が7/24まであります)

多くのテーブルが並び
まるで森の中にいるよう。

職人が心と技術を込めて仕上げた
木のテーブルたちが
たくさん並んでおりますよ。

長く愛着を持って使える家具に出会えますように。

 

1 2 3 4 5 6 16

HOME │  製作事例 │  すえひろ │  取扱い家具 │   アクセス │  プライバシーポリシー │ リンク

Pagetop